美味しくて安心できる糖尿病食の宅配サービス選び

HOME » 糖尿病と上手に付き合うヒント » 効果的な運動療法

効果的な運動療法

糖尿病を改善する治療法のひとつ、運動療法の効果とその方法、注意点を紹介します。

運動療法の効果とメリット

食事療法や薬物療法と同じく、糖尿病の改善に有効なのが運動療法。

運動をすると、血中のブドウ糖がエネルギーとして筋肉に吸収され、血糖値を下げることができます。

ブドウ糖を吸収するには、筋肉に血中のブドウ糖を運ぶはたらきをするグルット4というたんぱく質が必要です。インスリンがこのはたらきを促すのですが、糖尿病を発症しているとうまく機能しません。

しかし、運動によって筋肉を収縮させることで、グルット4を活性化させることができます。運動を継続して筋肉量を増やせば、グルット4も増加し、ブドウ糖の吸収が良くなります。

その他、運動療法によって、このような効果も得られます。

  • 体を動かすことで、ストレスを解消できる
  • 脂肪もエネルギーとして消費され、肥満の解消になる
  • 筋肉を増やすことで基礎代謝が上がる
  • 善玉コレステロールが増え、動脈硬化の予防になる
  • 体力をつけることで、老化の予防になる

糖尿病を改善するための運動法

糖尿病の運動療法には、有酸素運動が適しています。

血糖値を下げたり、脂肪を消費するのに効果的な全身運動を行いましょう。散歩や軽いジョギング、水泳など、一定のペースで続けられるものがベストです。

苦しすぎず、会話ができるぐらいの余裕があると好ましいですね。短距離走など、短時間に集中した激しい運動はNGです。

運動時間は、20分~30分程度を目安にしましょう。開始してから15分頃までの間は、グリコーゲンやオリゴ糖がエネルギーとして消費されます。15分~20分以上の継続で脂肪が消費されると言われているので、高い効果が期待できます。

また、食後1~2時間後に血糖値が最も高くなると言われているので、この時間帯に運動を行うと、効果的に血糖値を下げることができます。

運動の頻度は、週に3日程度からはじめましょう。無理をせず、自分のペースで続けていくことが大切です。

運動療法をはじめる前の注意点

運動療法で得られるメリットは多いですが、糖尿病の状態によっては、悪影響を及ぼす場合があります。運動療法を行なう前には、必ず医師と相談してください。

以下に当てはまる方は運動療法が適していなかったり、無理な運動を行うことで病状が悪化してしまう可能性があるので、特に注意が必要です。

  • 極端な高血糖、高血圧
  • 糖尿病による合併症を引き起こしている(増殖性網膜症、糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症など)
  • 心臓に疾患がある
  • 尿にケトン体が出現している
  • 風邪などの感染症で高熱を出している

 また、インスリンや経口血糖降下剤を使用している方は、運動中の低血糖に注意しなければなりません。体調の異常を感じたらすぐに運動を中止し、休んでください。ペットシュガーやブドウ糖を携帯し、いつでも摂取できるように心がける必要があります。