美味しくて安心できる糖尿病食の宅配サービス選び

HOME » 糖尿病のための食事療法 » どんな飲み物がいい?

どんな飲み物がいい?

糖尿病の人でも安心して飲める飲み物や、注意したいポイントをまとめています。

糖尿病に良い血糖値を上げない飲み物

避けたいのは甘い飲み物やアルコール全般です。

そして最も安心なのは、水。緑茶や紅茶、コーヒーなどもストレートで飲む場合はおすすめです。

特に緑茶は、生活習慣病を予防する飲み物といわれ、緑茶ポリフェノールやカテキンなど、高い健康への効果で知られています。

またコーヒーも、糖尿病などの予防効果が明らかになってきている飲み物です。

そして、どうしても甘いものが飲みたい、という場合には果汁100%のジュースもおすすめ。砂糖などが入っていない、100%のジュースを少量であれば安心です。

ただし、果実にも糖質は含まれているので、くれぐれも飲みすぎてはいけません。

飲み物を選ぶ際の注意ポイント

●カロリーゼロの表示に注意!

糖尿病の方にとって、カロリーゼロ、糖質ゼロの飲料を選ぶことは通常の飲料に比べると効果的ではあります。

ただし、カロリーゼロの表示には注意が必要です。栄養成分表示では、 100ml あたりの熱量が 5 kcal 未満であれば、ゼロカロリー、ノンカロリーと表記できてしまうからです。

どんな飲み物であるか、よく知ってから飲むか、基本的には甘いものは、やはり避けたほうがいいでしょう。

また、「糖質ゼロ」という商品にありがちなのが、カロリーもゼロだという勘違いです。糖質ゼロやカロリーオフは決してカロリーがないということではありません。

●ミルクや砂糖に注意

コーヒーや紅茶に入れる砂糖やミルクにも、熱量があります。血糖値を上げてしまうので、基本的に飲料はストレートで飲むようにしましょう。

●禁酒は基本!

アルコール類には糖質が多く含まれ、血糖値を上げる効果があるので注意しましょう。また、ノンアルコールの商品であっても、甘味料などが入っているものには注意してください。