美味しくて安心できる糖尿病食の宅配サービス選び

HOME » 糖尿病のための食事療法 » カロリー計算の仕方

カロリー計算の仕方

糖尿病の食事療法にとても便利な食品交換表を用いたカロリー計算法について解説します。上手に使って、バランスの良い食事を摂れるようにカロリー計算をしましょう。

栄養バランスが一目瞭然の食品交換表

食品を栄養素ごとに分類して適切な分量を摂取できるようきっちり計算して献立を考えるのはかなり難しい作業です。

ですが、この「食品交換表」を用いることでかなり簡単に栄養バランスをみることができます。

食品を栄養素ごとに6群に分け、同じグループ同士なら交換可能としてみて行くのが食品交換表です。自分で考える献立で栄養調整するのに非常に便利です。

食品交換表の具体的な使い方

一日の適正総カロリーが1600kcalの場合を例に使い方を紹介します。

食品交換表では、栄養素ごとに食品がグループ分けされています。

1“主食”、2“くだもの”、3“肉魚卵チーズなどのタンパク質”、4“乳製品”、5“脂質”、6“野菜(イモ類を除く)”の主に6群が主な分類です。

これをカロリーではなく、単位で分量のバランスをみながら分類ごとに表から選んでいきます。

単位は、1単位=80kcalとして計算します。1600kcalなら、20単位。

その20を、11対1対4対1.4対1対1(+調味料0.6=20単位)の割合で上記の6群に振り分けて適量を換算します。

一日3食の総量を、この対比で20単位にしていくことを考えて献立を立てて食事療法に役立てます。主食の11単位は特に分けて摂取しましょう。

交換できる食品数の掲載が多い表がおすすめ

食品交換表には色々な種類があり、糖尿病食として参考にするなら「日本糖尿病学会」の発行する交換表を利用するのが安心かもしれません。

しかし、できる限り、載っている食品の種類の数が多いものの方がおすすめです。

糖尿病食とはいえ、色々なものを食べたいもの。参考にできる食べ物の掲載が多ければその分たくさんの種類の食品を安心して楽しむことができます。

食品交換表を使っておいしい食事療法を安心して行いましょう。