美味しくて安心できる糖尿病食の宅配サービス選び

HOME » 糖尿病食の宅配会社を紹介 » タイヘイ

タイヘイ

タイヘイの糖尿病食宅配サービスについて、コースや特徴などまとめています。

病状に合わせて選べるタイヘイのサービス

タイヘイのCCS(カロリーコントロールシステム)は食事療法を目的とした栄養調整食です。

糖尿病やそれに伴う腎疾患の病状に合わせたメニューを細かく展開していることが大きな特徴。

食材のみを宅配、自分で調理するタイプと冷凍品の2種類があります。食材のみのコースなら、一食あたり350円~390円ほどで経済的です。

また、冷蔵タイプのお弁当、「いきいきボックス」もあります(白米は別売り)。一食あたり992円で、300kcal、塩分3g前後と健康的な食生活の上手なコントロールに一役買ってくれるようなコースです。

≪糖尿病の方のための通販食 タイヘイのランキングは何位?≫

献立から必要な栄養学が学べる利点

  • 「高血圧の夫だけ別メニューはかわいそうで家族全員分の材料をとるようになりました。献立のレパートリーが増えてみんな喜んでいます。」50代・女性
  • 「冷凍のお弁当は便利ですが、味が若干ワンパターンなのが残念です。」60代・男性
  • 「栄養素やカロリーについての詳細がかなり載っている献立表は、まるで参考書のようです。」60代・女性

タイヘイの栄養調整食に関する口コミで一番多いのが、その献立や調理の完成度の高さです。

献立ページにある材料に対する栄養価の詳細は、食事療法として知って置きたい栄養学が自然に覚えられるほどの内容になっています。

安心して食事ができるだけでないところが、評価が高いようです。

家族全員分の食材を宅配してもらい、病気にかかっていない家族も予防していけるというメリットもあるようです。

低たんぱく質の特殊な食品を使用

カロリー・たんぱく質・塩分をコントロールするためのCCSでは、ごはんやパンなどの主食も、低たんぱくの特殊な治療用の食品を使用しているため、その分たんぱく質が高めのおかずを摂取することができます。

コースによってはジュースやゼリー、クッキーなどのおやつがついてきます。こちらもたんぱく質がほとんど含まれていない、超低蛋白の特殊な食品です。

自分で調理するコースは、献立ページをもとに調理しますが、調味料のさじ加減など気をつけなければならないことが少しリスクかもしれません。

しかし病状に適した食事管理を徹底して行うにはとても便利な宅配サービスです。